2014.11.28 Friday

起業家関係の本を読んでる人はマストリードのマンガ/『スティーブズ』(うめ/松永肇一)

0
    スティーブズ 1 (ビッグコミックス)

    ご存じ、Appleのスティーブ・ジョブズと、エンジニアのスティーブ・ウォズニアック。この2人のスティーブがApple Computerを立ち上げ世の中を変えていく、そんな群像劇が『スティーブズ』です。

    実は、この作品ですが個人的には縁がある作品です。
    以前、クラウドファンディングサイトCAMPFIREで、パトロンが連載購読権がもらえたりイベント参加できるという取り組みを行いました。

    若き日の天才たちをマンガ大賞2位のうめが描く!漫画「スティーブズ」電子書籍連載

    このプロジェクトですが、始ったあとにブクログで告知など行うというので準備をしていたのですが、、、始まった直後に目標金額が集まるという鬼のような出来事がありました。
    このリターンの『スティーブズ販売記念トーク&電子書籍サイン会ご招待』の仕切りを担当していたのですが、その当日に暴風警報が出て開催大丈夫か、、などてんやわんやしたのもいい思い出です。

    この『スティーブズ』ですがジョブズが亡くなった直後に発刊されたウォルター・アイザックソンによる伝記「Steve Jobs」がありましたし、コミック版も出ていますね。

    スティーブ・ジョブズ I スティーブ・ジョブズ II スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)

    この伝記とはまたちがった印象で、「スティーブズ」は疾走感があるのと、VCとしては有名なセコイアキャピタルの人やその他色々と脇を固めるキャラクターが熱くて最高です。
    個人的には1話目のインテルからDRAMをもらうシーンで、インテルの偉いさんが最高にクールで個人的には一番好きなキャラクターです。

    ひとまず、以下の本読んでる人は絶対読んだほうがいいと思う次第です。
    • ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り
    • 起業家
    • ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか
    • 渋谷ではたらく社長の告白
    • 不格好経営―チームDeNAの挑戦
    • すべては一杯のコーヒーから
    • 顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
    • Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール
    2014.08.20 Wednesday

    指原莉乃は普通の女の子(でも普通が一番怖い)

    0
      講談社のAKB48新書という、AKBのメンバーにインタビューしてそれをベースに構成してにするという形で作られている、新書シリーズがスタートしまして、第1弾として元AKB48、現HKT48メンバーでありながらHKT48劇場支配人・プロデューサーを兼任する指原莉乃の『逆転力〜ピンチを待て〜』が先日発売されました。

      逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 Mook)

      帯にあるとおり、指原莉乃(さしこ)という人はたいそう人生において擦り傷から大けがまでしてる人でして。
      AKB加入前は2ちゃんねるにも入り浸るアイドルヲタク(ちなみにその当時2ちゃんねる見てるってのはなかなかいなかったわけです)であり、研究生自体はブスキャラや正規メンバーになってもヘタレキャラとしてイジられ、研究生時代の恋愛がきっかけでAKBをやめることも考えたり(結果、HKT48に移籍となりましたが)といろいろとあったわけです。

      いろいろと、心が折れそうな出来事や言われたりすることがあっても、彼女はつねに落ち込んだりしない(少しは落ち込むみたいですが)し、なるべく平静でいようとする。というより、普通に自分で心を整えることができる。

      そして、本を読むと指原莉乃という女の子が特別じゃなくて、普通の子ってのがわかってくるんですよね。
      普通ってでも一番おそろしい存在だったりはするんですが。

      この本はインタビューを構成して作られた本なので、けっこうな部分が自分語りのような形の文章になっていてとても読みやすいんですよね。たぶん、早い人だったら1時間で読み終えちゃうぐらい。

      今のところ一番日本でCDが売れているグループの人気投票1位とになった女の子の処世術が載ってるこの本。以外に読み応えがあるのでおすすめですよ。

      ちなみに、新書第2弾だれになるんだろう、、(たかみなかこじはるとかかな、、)

      指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)
      このフォトブックと一緒に読むと結構おもしろいです。
      2014.07.29 Tuesday

      僕にとっての富士山さん

      0
        最近おもしろいマンガあれば教えてくださいって聞かれれば「ちょっとクセあるけど...」っていっておすすめするマンガがあります。
        それが「富士山さんは思春期」です。昨日4巻が発売されました。
        富士山さんは思春期(4) (アクションコミックス)

        身長181cmの女子中学生と小さい男子中学生のちょっと甘酸っぱい恋愛ストーリーです。
        昨日、4巻が発売されましたが全然進展していません。甘酸っぱいです。

        このマンガですがいわゆる巨女ブームの先頭を走るマンガだと僕は考えています。
        このまえ、リテラってブログメディアでそこらへん書かれていましたね。

        デカい女子に萌える男子が増殖中!?“巨女”マンガが密かなブームに!

        この富士山さんを読み始めて、色々と考えると僕は小中学生の時によく考えたら、こういった女子に対してドキドキしてたなぁ、、、と思い出しました。

        僕(30代半ば)の世代でいうと、たぶんピンとくると思うのが、かぼちゃワインだと思います。

        TheかぼちゃワインAnother 2 (プレイコミックシリーズ)

        よく、再放送のかぼちゃワインを見ていたんですが、同じ世代だと見ていた人は多いと思います。
        このエルちゃんですが、身長は最初170cmだったのが最後180cmまで伸びたらしいです(知恵袋情報なのでわかりませんが)
        よく考えたら、このエルちゃんにドキドキしながらアニメを見ていたと思います。あぁ、僕は長身フェチなんだ、、、って思い返すとそうだった気がします。

        そして、同級生にエル、富士山さんを思わせる女子がいました。
        当時、ちょっと気になる存在でしたがいま良く考えたら気になってたなぁと。身長は170cmはなかったんですが、160cm後半ぐらいだった気がします。その子の名前を仮にA子さんとします。バレー部です。
        そのA子さんに対して恋心とかはなかったんですが、たまに近くを歩いてるとドキドキしてしまいました。
        しかし、とくに何もしゃべることもなく中学校を卒業をしました。
        いや、よく考えたらほかの女子とも全然しゃべること無く卒業したんですが。

        そんな僕ですが、高校にはいってから同窓会するからと呼ばれた集まりに、なんとA子さんがいたのです。
        その時も、「ああなんとなく気になるなぁ」って思っていましたが、なんととくに小中学校しゃべったことない僕にとても話しかけてきました。
        本気でドキドキしながらも、純情だった僕はとくに会話を盛り上げることもできませんでした。
        「音楽やってるの?」って聞かれたのですが、それは僕がロン毛だったからだと思います。

        この話まだ続きます。

        そのあと、mixiを始めてからA子さんと再会します。
        今は懐かしい「マイミク申請」がきます。そして「大西君だよね?」ってメッセージが。
        「そうだよー」って返信したあと、A子さんはPhotoshopを使う仕事をしていたらしいです。同業だ。これは同業だ。
        そんな彼女ですが、とくにそのあと会うこともなく、ぼくはどんな女性になったのかなぁ、、、と想像しながらもmixiには最終ログイン3日以上となっていて、残念ながらそのA子さんとは連絡を取ることもできず、何も始っていない何かが終わってしまいました。

        そんな僕のほのかな恋なのか恋じゃないなのかを思い出させてくれる、「富士山さんは思春期」みなさんも色々と思い出してしまうマンガかもしれません。
        「このマンガがすごい2013」にも入った作品ですので、ぜひみなさんかぼちゃワインが好きだった人もあなたにとってのA子さんがいるのであれば手にとっていただきたいです。



        富士山さんは思春期(1) (アクションコミックス)富士山さんは思春期(2) (アクションコミックス)富士山さんは思春期(3) (アクションコミックス)
        2014.07.27 Sunday

        あきらめない書店員たち

        0
          先日の記事で書いたマルノウチリーディングスタイルで買った田口久美子さんの『書店不屈宣言: わたしたちはへこたれない』を読み終えたので記録というか整理のために感想を書いておきたいと思います。

          この”整理のために”としているのが、この本を読んでもやもやしたからである。

          タイトルにあるように”不屈宣言”とあり”へこたれない”ということを書いているわけです。
          はじめにでは、電子書籍や黒船(Amazon)を引き合いに出してこれでいいのか...というのが最初に書かれている。
          個人的には、長く書店に関わってる方のリアルな声だとは思います。そして、これからの若い方が今の職場があるのか?残り続けるのか?という不安に対して、
          たとえ「書店」は残ったとしても、それは「今の形」だろうか?

          という投げかけがとても引っかかます。
          当然、紙の本を売り続けたいという気持ちはわかります。僕は、今の形とかわろうと電子であろうと紙であろうと「本」を中心に売り続けるのがプロじゃないのか、、、という気持ちもあります。

          ちなみに、この著者の田口さんはジュンク堂の名物書店員さんであり、緊デジでも審査委員会委員をつとめられた方です。

          審査委員会委員からの選書に関する意見 緊デジ.jp(魚拓)

          この本の中で、現場に誇りを持ってかつ考えて棚を作ったり在庫をそろえたりする書店員の話もとてもおもしろくかつ参考になる部分もある。丸の内の丸善の話や分野が違うライトノベルの棚の担当になり奮闘する書店員の話。
          そして、Amazonそしてネット書店に対抗できるように今後の書店の流通への提言などが最後に書かれていたり、かなりよい話も書いてると感じている。

          しかし、どこかで「紙の本」に愛着がある人を『信じる』というどこかの部分でやはり、委ねてしまってる部分が多く感じてしまった。

          先日、会社の近くの書店の一部の棚が文房具や輸入のお菓子の棚に変わった。
          単価が安く、割引もできない本というものを扱うだけではいけないと思っての棚の変更なのかもしれない。
          「本」は僕もすばらしいものだと感じる、しかし愛着がありすぎても正当な判断はできないとも思っている。

          本書は、長い書店員人生からデジタル、ネット側から出ない提言もでてとても良い本ではあると思いつつ、どうしても飲み込めず腹落ちもしない部分が多い一冊だったと感じました。

          書店不屈宣言: わたしたちはへこたれない (単行本)
          2014.07.23 Wednesday

          ひとり出版社の奮闘記と思いきや/あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

          0
            「あしたから出版社」というタイトルに惹かれて手に取ってみました。
            著者は本屋図鑑でおなじみ吉祥寺の1人でやっている出版社として有名な夏葉社の社長である島田潤一郎さん。

            本屋図鑑

            ライトな小さな出版社の奮闘記と思いきや、それとは真逆な出版社を始めた理由が描かれており、しょっぱなから頭を殴られたような感じになります。

            本書では、島田さんの半生や本に対する思いがたくさん書かれており、知り合いが「これは文学である」と評していたのですが、まさにその通りだとおもいます。

            また本書で島田さんが、本、出版という行為が社会に影響を与えるべきものだということを書いていた気がしましたが、本書の最後には究極的には1人の個人に寄り添うものなんだということを感じました。

            出版業界が厳しい時代ではありながら、ひとり出版社という小さいサイズで本を世に出し、1人1人の人生に影響を与えることができるものに挑戦する島田さんの、のらりくらりとした姿がとても好感が持て、レーベル名にもある「就職しないで生きる」という言葉に考えさせられる一冊です。

            無名の個人に対してこの厳しい時代に就職しないで生きていく人の生きたかを伝えるシリーズだとは思いますが、こんな遠回りで毎日がハードで厳しい生き方(だけど著者は大変ではないと書いてる)は誰でもできるわけじゃないと思う。
            この「就職しないでいきる21」シリーズ、ほかの本も読んでみたいなぁ、、

            あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

            他のシリーズ

            荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21) 旗を立てて生きる──「ハチロク世代」の働き方マニュフェスト (就職しないで生きるには21) 偶然の装丁家 (就職しないで生きるには) 
            2014.07.21 Monday

            ひとむかし前のアイドルヲタの日常 / あの頃。 男子かしまし物語(劔樹人)

            0
              先日、イーストプレスの方とお昼を食べる約束があり、自分の担当ではないけど「これアヨハタさんがたぶん好きだと思うんですよ」って言ってくださって、いただいた本です。

              あの頃。 男子かしまし物語

              「あの頃。男子かしまし物語」というタイトル。このタイトルを見てピンとくる人はくると思うんですよね、モーニング娘。の「女子かしまし物語」を。


              (加護ちゃんも居ます、個人的にはこの時代の小川麻琴が大好きでした)

              神聖かまってちゃんのマネージャーで、ある女性エッセイストの彼氏としても有名な劔樹人(つるぎみきと)さんの、昔のハロヲタ仲間との思い出話をマンガと文字とで綴った一冊です。

              劔さんが、大阪在住時代にハロプロにはまってアイドルファンのみんなといろいろとバカなことでふざけ合ったり、エロいこともあったりなどなど青春物語です。
              最後はしんみりしてしまう最後で、泣いてしまいました。
              普通にアイドルファンでもなくても楽しめる一冊です。

              僕がAKBにはまってる時は、ヲタ同士が集まるのはだいたい秋葉原だったんですよね。
              劇場があるのが秋葉原。
              いまハマってる乃木坂については、劇場がないとはいえ毎週のように握手会とかライブがあったりで握手会がいわゆる現場になっているんですよね。

              いわゆるその現場がない地方ヲタとかはこうやって、みんなの家で集まってDVDとかみたりダベったりしてるのかなって妄想したりして、楽しそうだなって思いました。
              僕自身はハロヲタではなかったんですが、小川麻琴ガチ推しで、ハロモニを毎週みてピーマコ小川を見ながらニヤニヤしてたのが懐かしい想いでです。

              この劔さんですが、いよいよマンガ家デビューするようでこの本も楽しみですね(もう発売しているので買わなきゃ)
              太田出版のサイトでは、予告映像も出ています。


              高校生のブルース
              2014.02.12 Wednesday

              がんばり方が大事 / 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

              0
                学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【表紙モデル写真〈カラー16点〉追加の電子特別版!】 (―)

                STORYS.JPで話題になったストーリーが書籍化されました。
                たぶん、そのストーリーはかなり話題になったのでTwitterやFacebookでシェアされ、タイトルだけでも見たという人は多いと思います。

                最初は、『ネットに話題になったものを書籍にしただけか...』と甘くみていました。(すいません)
                しかし、ネットでの評判や、書籍が重版がかかってるということで、一旦目を通してみようかと思い見てみました。
                (あと、表紙デザインは前職の方が手掛けてるというのもあって)

                この本の本筋は『ビリで勉強ができない女子高校生さやかが、がんばって慶応大学に合格した』という内容です。
                しかし、メインは塾の先生の勉強を教え方、そしてやる気にさせる技術です。
                それは、勉強を教えるというよりも、自発的に勉強させる、考えさせるという、人を成長させるためのコーチングに近いのでしょうか、そういうやり方です。

                またその勉強ができない女子高生さやかが成長していく過程で沢山の、親や教育者がしっておいたほうが良いことが沢山詰まっています。

                表紙で躊躇している人は絶対買ったほうがいいと思います、後悔はしないと思います。(最後の慶応大学に受かったシーンは感動できます)
                2013.10.15 Tuesday

                9月に読んだ本

                0

                  10月のど真ん中ですが、9月に読んだ本。
                  個人的に、「傷だらけの店長」はいろんな人にお勧めしています。『街の本屋』の現状とかがわかる一冊です。

                  ayohataさんの本棚 - 2013年09月 (17作品)
                  powered by booklog
                  2013.09.03 Tuesday

                  8月に読んだ本

                  0
                    9月になりましたね。ということで、8月の読書記録。
                    仕事の関係とか、なんか時間があったのでざっと家にあったマンガとか読んでみました。

                    個人的には、『ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗』と電子書籍でレトロハッカーズというレーベルの『交流・直流戦争から世界システムへ ニコラ・テスラと発明王エジソン』がオススメです。



                    ayohataさんの本棚 - 2013年08月 (30作品)
                    にこたま(5)
                    渡辺ペコ
                    読了日:08月06日
                    {book['rank']

                    本屋図鑑
                    本屋図鑑編集部
                    読了日:08月11日
                    {book['rank']

                    powered by booklog
                    2013.08.01 Thursday

                    2013年7月に読んだ本

                    0

                      月がかわったということで、7月の読書記録。

                      よく見たら、マンガばっか読んでた!!!!

                      ずっと字の本は何冊か並行して読んでるのですが、全部ちょっとずつって進捗で読めてない、、、湊かなえの高校入試、DMP入門とか。

                      個人的には、マンガ喫茶で読んだアオハライドが最高でした。青春ズキュンってマンガです。こんな青春時代おくりたかった!!って思った作品でした。

                      あと、ダ・ヴィンチの本屋さん特集は必読です。全国各地の本屋さんの紹介がされています。

                      ayohataさんの本棚 - 2013年07月 (18作品)
                      めんどくさいマン
                      手持望
                      読了日:07月12日
                      {book['rank']

                      ヒナまつり 1
                      読了日:07月23日
                      {book['rank']

                      powered by booklog
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      Profile
                      ブクログとパブーというサービスをやっている株式会社ブクログで取締役をしています。 主な仕事はマネージャー業務とかです。 ブクログでは広告とか外部提携、パブーではKindleやKoboのディストリビューションの立ち上げなど担当していました。
                      アヨハタの本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM