2007.06.27 Wednesday

DAHAROOCA

0
    昨日、運営しているanimeflashにてアップした記事で紹介していた作品です。

    ■DAHAROOCA
    (DivXのPlayerが無いと見れません、、)


    昨年にイベントで公開された作品で、Stage6でアップされてて、初めて見たのですが、ちょっと凄い作品です。
    作者のアカツキチョータさんとは何度か面識はあったりするんですが、個人の作品よりも、春にテレビ東京で放送されていた「ファイテンション☆デパート」内のアームズラリー作者のつかはら氏とのタッグが印象深かったのですが、個人の作品はまたその中では見せない作風だと感じました。

    ひとまず、現在はホームページ上では新作鋭意製作中ということなので、期待しておきたいと思います。

    ■チョータ式
    http://www.chotashiki.com/
    2007.06.18 Monday

    ウェブアニメ業界

    0
      たまに、mixiの「ウェブアニメが好き」コミュの管理人の亜樹28号さん(以後、亜樹さん)とメールのやりとりで、「ウェブアニメ」という定義などについて語り合ったりするのですが、色々とまとまってなかった部分が自分の中でもまとまりつつあるので、ブログい書いてみる。

      一応、亜樹さんに私が運営するウェブアニメなどのニュースサイトであるanimeflash上で語ってもらった。
      僕の観た「ウェブアニメ」 その2:「ウェブアニメ」とは(前編)
      僕の観た「ウェブアニメ」 その2:「ウェブアニメ」とは(後編)

      結構、長文です。
      コミュ内で書かれてるものから引用すると、
      Web上で視聴できるオリジナルアニメーションについて
      現在、インディーズ・アニメ、ネットアニメ、インターネット・アニメーション
      自主製作アニメ、個人アニメ、パーソナルCGアニメーション
      Webアニメ、オンラインアニメーションなど名称はさまざまですが
      当コミュでは、下記のようなアニメーション活動を
      便宜上「ウェブアニメ」と言う風に定めてみました。


      「ウェブアニメ」とは…

      基本的に一人の作家さん(及びチーム)の手によって
      (FlashやGIF、3DCGのソフト等で)パソコンで制作された
      とりあえずパソコン上で制作・発表される事を前提に作られる
      エンターテイメントやアートを目的としたアニメーション。

      及びパソコン(Web)で視聴できる
      作家・クリエイターの個性が色濃く出たアニメーション。
      とあります。この中でのポイントは、「基本的に一人の作家さん(及びチーム)の手によって」と「作家・クリエイターの個性が色濃く出たアニメーション。」かなと思います。

      ただ、ウェブアニメというものが、世間的に様々な側面から語られるようになったのは、蛙男商会さんとラレコさんの登場が大きいと思います。
      作り手側も観客という、流れがあった中から、純粋な観客を呼び寄せたのは大きかったと思います。一つの転機だったと思います。
      それ以前の大きな転機は、2chのFla板のイベントのFlashBombとJAWACON2005であると思います。自分が関わってたJAWACONを出すのは、手前味噌感があり過ぎですが。

      前者の転機である、蛙男さん、ラレコさん時点では、ビジネス的な要素を含まれてると思います。キャラクタービジネスの一つとしてのウェブアニメ。
      後者の転機では、自己表現の場としてのウェブがあり、そこで流すアニメがウェブアニメ。
      そういったのが僕の認識です。

      で、亜樹さんの日記で知ったサイト。urgeでは、ウェブアニメについてフィーチャーした記事があがってました。
      記事では、ウェブアニメについての歴史を平たく書いており、その後にクリエイター4人にインタビューをしている。
      最初の歴史の部分で、「商業としてのウェブアニメが不安定である」とその文章の中では書かれている。たしかに、ウェブアニメを作ることによって、それだけでご飯を食べてる人は少ない。
      また、インタビューの質問の答えについては、表現の場としてのウェブがあり、商業としてのウェブアニメについては、クリエイターとしての答えはもらえてない気がする。

      現在、ウェブアニメに関わる企業といえば、DLEファンワークスパズブロックとそういったウェブアニメクリエイターのエージェント的な立場の会社といえば、この3社だ。拡大解釈すれば、新海誠氏をかかえる、cwfilmsも入る。それら大手4社が存在するが、それ以外ではそれほどない。(青池良輔氏をかかえるCreative Artistsぐらいがそれ以外では主立ったところかも)

      ひとまず、数少ないエージェント企業があるだけの業界では、商業として呼ぶにはまだまだな環境だと思う。商業とは、利益を上げるための事業である。
      こういったものは、個人(もしくは数人のチーム)のクリエイターでは、行うことは難しい。マネージメントを行う人、企業などが必要である。

      現状、商業とするなら、それらが足らない状況では、不安定というより成り立たないと思う。

      また、商業ではない、自己表現の場として考えた時に、思うのは、まだWebを表現者が生かしきれてないという点である。
      動画共有サイトが著作権の諸問題を含んだまま、流行ってる中で、その持ってるコンテンツをアピールできてない点や、投稿数が多いとは言えないところ。
      これは、クリエイターが知らないのかもしれないし、作品のクオリティがアップロードしてエンコードされて悪くなることに起因するのかもしれないし、個々で理由は違うだろう。
      ただ、自己表現の場としてはまだまだ、伸びシロがあるのだと思う。
      ただ、それをすることで、その延長線上に商業が有る訳ではない。むしろ、無い場合のほうが多い。リクープ(投資した資金を回収すること)するという前提では作品は作ってない場合が多いからだと思う。
      ただし、個人の満足といた点では、十分可能だと思う。

      私が思うのは、ネットの発達によって、個人が情報を世界に発信できることが大きいのだと思う。それによって、何か思わぬ良い方向に転ぶこともあると思う、人生が変わる可能性も昔より増えたと思う。減った部分のほうが大きい気がするが。

      書いていて、商業になる、ということに対して否定的になってしまったが、Web業界において、Flashの使い手は需要があるため、FlashクリエイターはWeb業界に入れるきっかけになるかもしれない。AfterEffectsの使い手なら、映像業界へ繋がるかもしれない。

      可能性は色々と広がったと思う。良い時代だと思うけど、ウェブアニメはキャズムを超えてないと思った。
      2007.03.28 Wednesday

      ファイテンションデパート最終回

      0
        先ほど、ファイテンションデパートの最終回を見終えました。

        正直、最初はどんな番組になるか非常に疑問があったのですが、終わってみれば素晴らしい番組だったと思います。

        番組構成としては、ショートアニメなどを、うまくホリケンとAKB48メンバーで間をつないで飽きない構成にしていた点はうまいと思う。
        個人的には、やはりなんといっても「かくざ父さん」が一番好きだったわけで。
        ただ、アームズラリーについては、やはり広げた風呂敷をうまくまとめきれてなかった感はある。その点は、次作でクリアしてほしいと個人的には思います。
        あと、土管くんの最終回は感動した。やはり、蛙男商会さんは天才だと思った。

        あと、個人的にはすなふぇさんがこの作品をステップとして、もっと幅広い才能をつかって活躍してほしいと思ってます。

        ファイテンションデパートは、私にとってはかくざ父さんと、AKB48の篠田麻里子に出会わせてくれた素晴らしい番組でした。
        DLEさん、ありがとう。

        2007.03.25 Sunday

        東京国際アニメフェア2007

        0
          今日までやってた東京国際アニメフェア2007に行ってきました。
          ビジネスデー初日と一般デー初日と2日行きました。ビジネスデーの初日は、午前からの渋谷での仕事の打ち合わせがおしていて、会場に着いたのが16時ごろ、、、閉場まで2時間ほどしかないので、レポートがあんまりできず。

          一応、写真。

          http://www.flickr.com/photos/ayohata/tags/taf2007/

          と、animeflashでフォトレポート

          http://www.animeflash.jp/news/taf2007_photo01.html

          http://www.animeflash.jp/news/taf2007_photo02.html

          ひとまず、写真があまり撮れず、、、反省。来年は、きっちり予定を組み立ててから行こうと。

          今年は、一般デーはほんとにプライベートでがっつり見たという感じでした。
          正直、一番感動したのは忍者タートルズと一緒に写真を撮れたこと。カコイイ。トンファー持たせてもらいました。

          あと、かくざ父さんのセットも見れたことは、感動です。

          どうも、聞いた話では、コンテンツカーニバルでのアニメフェアと、来年3月に行われるアニメフェアと分散するみたいなので、微妙だが、ひとまずアニメフェア単独で残ったというのは、よかったのかもしれませんね。
          (出展企業に対しての、経済的負担が大きくなるのは、微妙ではあるのですが)
          2007.03.14 Wednesday

          富山のカフェを舞台にした富山弁の二人のブラザーアニメ「THE BROTHER」

          0

            マイミクの亜樹28号さんの日記で見た「THE BROTHER」というアニメが熱すぎです

            富山のカフェを舞台にした(してるのか?)、二人のブラザーのFlashアニメです。 うちの母方の実家が北陸の人なので、なんとなく言葉はなじみがあるのですが、このアニメーション、アフレコしてる人がうますぎて、面白いです。

            蛙男商会さんがブレイクしたおかげで、掛け合いのアニメーションが色々と出ましたが、そういった路線では全然なく、ゆるい系統、いうゆる小田原ドラゴン系というか、亜樹28号さんが例えてたのは、「ヤンマガ系」というのが、一番ハマったタグ付けだと思います

            一本は2、3分程度のアニメーションなので、それほど見るのに時間もかからないので、騙されてと思って見てもらえればと思います。

            -THE BROTHER
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/index.html
            -THE BROTHER2
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/green2.html
            -THE BROTHER3
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/green3.html
            -THE BROTHER4
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/g4.html
            -THE BROTHER5
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/g5.html
            -THE BROTHER6
            http://www.kurobe.net/greencafe/anime/g6.htm

            2007.03.08 Thursday

            links for 2007-03-08

            0
              2007.03.07 Wednesday

              links for 2007-03-07

              0
                2007.03.06 Tuesday

                links for 2007-03-06

                0
                  2007.03.05 Monday

                  links for 2007-03-05

                  0
                    2007.02.22 Thursday

                    インディーズアニメフェスタ開催日程変更と3/3の悪夢

                    0
                      インディーズアニメフェスタの日程が3/3から3/24の東京国アニメフェア内で行われることになった模様。

                      てか、3/3って正直、日程としてはよろしくなかったので、良かったかもしれません。

                      3/3といえば、「秒速5センチメートル」の劇場公開初日だったりするわけです。
                      あと、杉並アニメーションミュージアムでのアニメーションフェスティバル2007 in 杉並も3/3と3/4だったり。

                      結局、各企業、団体がそれぞれうまいぐあいに足並みを揃えてしまって、イベントもぶつかってるわけですし、場所もてんでバラバラ(三鷹、渋谷、杉並)なので、こういったイベントは分散するか、それとも一カ所にあわせる(アニメフェアの一部に入れるなど、お祭りにする)などしてもらったほうが、集客もはかれ、話題性も作れるかもしれませんね。

                      どちらにしろ、3/3は渋谷にいこうか、杉並(家の近所)に行こうか悩みどころです。
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>
                      Profile
                      ブクログとパブーというサービスをやっている株式会社ブクログで取締役をしています。 主な仕事はマネージャー業務とかです。 ブクログでは広告とか外部提携、パブーではKindleやKoboのディストリビューションの立ち上げなど担当していました。
                      アヨハタの本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM