<< 2月の読書記録 | main | AmazonのKDPは自費出版サービスではないでござる >>
2013.03.05 Tuesday

「電子書籍で5万円稼ぐ」ってどんぐらい?

0
    「ネットで5万稼ぐ」ってどのっくらいだろう?というかなり熱いエントリーを読んで、ふと電子書籍で5万円稼ぐってどういのなんだろうと思って計算してみました。
    ちょうど、電子書籍

    ■KDPで稼ぐ!(35%編)

    KDP作品って99円か100円が多いのですが、面倒なんで100円で計算しますね!
    なんで、1冊売れれば35円です!
    5万円稼ぐには、1429冊売らないといけないんですよね。

    50,000円=35円×1,429冊

    1,429冊って結構売らないといけないんですよねぇ、、、
    ちなみに、以前に鈴木みそさんが10日ほど2,400冊売ったって話があったり。ちなみに、1月の話ですが佐藤貴明さんの「自炊ノ全テ」が2,000冊ぐらい売ったって話とか。
    1月のお話ですが、各種KDP本の売上げ冊数は忌川タツヤさんのエントリーでちょっとまとまってます。
    1000冊売るのってめっちゃ大変だと思う、、、
    ちなみに、70%の料率でも計算してみたんですが、250円からしか販売できないんですが、その場合だと285冊いけば到達します。

    っていうことで、電子書籍も5万円稼ぐのって難しいですやん。。。って思います。
    ちなみに、KDP70%の場合の285冊って結果も、案外いけんじゃね?って思う人も居ると思いますが、結構難しいとは思います。はい。不可能って話では全然無いです。

    ちょうど今日、社外の人と話をしていたんですが、電子書籍を編集して売っていくだけの事業はなかなか厳しいって話をしてました。。
    当然、セルフパブリッシングということで一人出書いて出すってのも上記のように100円の本なら1,429冊売らないといけないわけで。ただ、KDPだけにこだわらず、色々なプラットフォームで販売していったり、価格を上げることで5万円に到達必要な冊数も少なくなるわけです。(というより、100円って価格が適切なのかって話もあるんですが)
    あと、個人的には99円100円の電子書籍に関しては、もう売り方がiPhoneアプリの85円今だけです!みたいな方法になってきてる気もしてる今日この頃です。

    ひとまずネットで稼ぐってのは限られた人だけができることなんだなって改め思いましたし、逆に全ての人が稼がないといけないわけじゃないと思うんですよ。
    とくに電子書籍を出すってことは、多くの人に読んでもらって感想をいただけることがハッピーな人もいると思うんですよ。そもそも、99円でも100円でも電子書籍を売るめちゃくちゃハードル高いことやってるわけなんですよ、それが価格1円でも。いかに、アマゾンの1-Clickが優れてるかってのを感じます。
    なので、Amazonのランキングに入ったり、めっちゃ売れることを夢見るのもいいと思いますが、より多くの人に読んでもらうことも目指したほうがいいと思う所存です。


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Profile
    ブクログとパブーというサービスをやっている株式会社ブクログで取締役をしています。 主な仕事はマネージャー業務とかです。 ブクログでは広告とか外部提携、パブーではKindleやKoboのディストリビューションの立ち上げなど担当していました。
    アヨハタの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM